三次元マルチセンサー測定機とは

マルチセンサー測定機とは、接触式タッチプローブや非接触式レーザープローブを装着した画像ベースの測定システム、即ち画像、タッチ、レーザーを複合した測定機です。

従来、測定対象物、測定速度、精度及び繰返し精度等により、それぞれに適した専用測定機が使われて来ました。例えば、形状のエッジの測定には画像システム、拡散/反射表面の測定にはレーザー、深穴の測定にはタッチプローブの様に。

例:マイクロ・ビュー三次元マルチセンサー

最高級センサーの採用

今日では、接触式センサー、非接触式センサーの選択の必要性が無くなって来ています。顧客が取得可能なオプションは、画像センサー、レーザー、及びタッチプローブです。その選択は測定する対象物に依存し、測定速度、繰返し性及び精度に依ります。

例えば、タッチプローブがその精度上良いと思っても、画像センサーはエッジ測定に最も適しており、レーザーは表面輪郭測定に好まれます。顧客は又、暗い拡散表面或いは強反射表面等の測定対象物によって、様々なレーザーを選択できます。

数多くのアプリケーションに対し、マイクロ・ビュー三次元マルチセンサー測定機は、接触/非接触プローブの何れも又は双方を装着でき、1台の測定機でこれらの需要を満たす事が出来ます。

マイクロ・ビューのタッチプローブは、業界最高級と評判のレニショー製を採用しています。 レーザーはこれも又、世界最高級と言われるマイクロ・エプシロン製です。

マイクロ・ビュー三次元マルチセンサー測定機は、接触(タッチプローブ)/ 非接触(画像及びレーザー)プローブを複合して使う事ができるので、測定システムのコスト低減や、その高精度プローブによる製造工程の品質改善に直結します。

 

現代の製造工程への適合

マルチセンサーシステムの採用を加速させる別の要因は、今日の製造工程の高いレベルにあります。特にメタル、宇宙航空、自動車業界等のコンポーネントは複雑であり、入り組んでおり、厳しい公差に適合しなければならなく、従来の測定ツールでは難しくなっています。
勿論、複雑なコンポーネントは一昔前からあり、過去、メーカーは複数の測定技術を使い、部品の幾何を認証してきました(カスタマイズしたゲージや検証用冶具等の高価な内製測定ソリューション)。

ある面では、寸法測定は利用可能な測定ソリューションが無く、全く無視されてきました。今日、変動する製造環境や厳しい競合状態では、最早選択の余地はありません。最高の品質を達成する為に、顧客は利用可能な最善のそして先進の測定技術を駆使し、顧客のブランドイメージを補強しようとしています。
例えば、幾何寸法公差(GD&T)が複雑なコンポーネントに必須である医療機器、電子機器、及び自動車業界では、三次元マルチセンサー測定機に重要な役割が期待されています。

 

マイクロ・ビュー三次元マルチセンサー測定機

マイクロ・ビュー三次元画像測定機は必要に応じ随時、非接触式レーザー、接触式タッチプローブが追装できます。又、測定ソフトウェアーInSpecは初めからこれらレーザー、タッチプローブに対応していますから、本体の追装以外、一切の驚きの追加はありません。

画像、タッチプローブ、レーザーはInSpec画面のドロップダウンメニューから希望のセンサーをクリックして簡単に切り替えができます。

更に、上から見えない側面や裏側を測定する為、部品を回転して測定させるロータリーインデックスサーがマルチセンサーを完全にサポートします。

マイクロ・ビュー三次元マルチセンサー測定機システム構成

■マイクロ・ビュー三次元マルチセンサー測定機ラインナップ

■マイクロビュー三次元マルチセンサー測定機構成図

■マイクロ・ビュー三次元マルチセンサー測定機の販売価格帯

販売価格帯はこちら

関連記事

  1. カメラ画面の測定視界を拡大

  2. DataTrans:トータルにカスタマイズした検査報告書

  3. 大型・超大型三次元画像測定機に求められる要件

  4. レーザー三角法センサー

  5. 環境温度:三次元測定機の意外に見落とされた落とし穴