DataTrans:トータルにカスタマイズした検査報告書

ユーザーは、測定したワークの検査結果を自社の書式に則ったデータの配列、副次データの挿入、ワークの写真や測定図形の添付等、簡単に設定できる検査報告書を希望しています。

DataTrans(データトランス)はマイクロソフトのExcel互換です

マイクロ・ビュー三次元測定機の測定ソフトウェアーInSpecで測定されたデータ(txt/csv)を、DataTransのテンプレート経由で、そのテンプレートに対になるMS Excelベースの検査報告書原本にエクスポートします。 テンプレートは、ワーク毎、顧客毎、必要な数が登録出来ます。

テンプレートでは、データ出力方向(MS Excelの横方向セル/縦方向セル)、MS Excelの指定セルに挿入する測定項目、仕様タイプ(規格/公差)等の選択が簡単に行えます。

下図は、縦方向セルにデータ出力された検査報告書の一例です。
検査報告書原本はMS Excelを使って作成しますから、自前の計算式や関数も、事前に検査報告書の任意のセルに挿入でき、そして計算され、出力されます。

測定したデータの副次データを検査報告書に出力

テンプレートはデータの平均値、標準偏差値、最大値、最小値等を測定データ出力欄外に項目毎、まとめて一括で出力しますが、ユーザーは時として、同一要素(例、円1~4)のデータの平均値、標準偏差値、最大/最小値等を個別にデータ表示欄内に表示したいと希望します。この場合、InSpecの計算機能(電卓)が威力を発揮します。同一要素のデータを簡単に電卓に移植でき、電卓から平均値や標準偏差値等の希望項目を算出してテンプレート経由でDataTransに送る事ができます。DataTransは直ちにその項目と算出データを検査報告書に出力します。ユーザーは、関数を使っての表計算入力は一切不要です。DataTransが全て自動で行います。

下図はその一例です。(平均値と標準偏差値が自動的にデータ欄内に表記)

検査報告書に挿入できる、InSpec測定ソフトウェアー電卓の関数は以下の通りです。

検査報告書に挿入可能関数一覧

関数 名称 関数 名称
abs 絶対値 max 最大値
acos アークコサイン(逆余弦) maxX 最大値(短縮記法)
asin アークサイン(逆正弦) min 最小値
atan アークタンジェント(逆正接) minX 最小値(短縮記法)
avg 平均値 round 数字丸め
avgX 平均値(短縮記法) select 選択関数
cos コサイン(余弦) selectX 選択(短縮記法)
Exp べき乗(逆対数) sign 数値の正負
get 一つの値を取り出す sin サイン(正弦)
hasTol 公差設定の有無 sqrt 平方根
if if関数(条件分岐関数) stdev 標準偏差
isInTol 公差内の判定 stdevX 標準偏差(短縮記法)
isOutTol 公差外の判定 sum 合計
ln 自然対数 sumX 合計(短縮記法)
log 対数 tan タンジェント(正接)
log10 対数ベース10 trunc 指定小数点迄表示
log2 対数ベース2

関連記事

  1. 環境温度:三次元測定機の意外に見落とされた落とし穴

  2. カメラ画面の測定視界を拡大