1) 原点作成

交点で簡単に原点が作成できます。

機能イメージ

機能イメージ

機能イメージ

  1. 線アイコン アイコンイメージ と線要素スキャンツール アイコンイメージ で、2本の線をそれぞれ入力
  2. 点アイコン アイコンイメージ を選択し、2本の線をクリックすると、線間に交点が作成
  3. 原点 アイコンイメージ を選択してその交点をクリックし、次にスキュー(傾き)アイコン アイコンイメージ を選択して2本の線の何れかをクリックすると、原点設定が完了です。

2) 代表的な要素の測定

機能イメージ

1) 円/弧の測定

  1. 円アイコン アイコンイメージ /弧アイコン アイコンイメージ を選択
  2. 円要素スキャンツール アイコンイメージ /弧スキャンツール アイコンイメージ で円内を3点クリックして測定完了

機能イメージ

機能イメージ

機能イメージ

2) 点の入力と測定

1. 最近接エッジに点入力

  1. 点アイコン選択 アイコンイメージ
  2. 最近接エッジアイコン アイコンイメージ を選択、点を入力して測定完了

機能イメージ

2. 最遠隔エッジに点入力

  1. 点アイコン選択 アイコンイメージ
  2. 最近接エッジアイコン アイコンイメージ を選択、点を入力して測定完了

機能イメージ

3. 手動で点入力

  1. 点アイコン選択 アイコンイメージ
  2. 手動ポイントアイコン アイコンイメージ を選択、点を入力して測定完了

機能イメージ

4. 高さ測定に焦点で点入力

  1. 点アイコン選択 アイコンイメージ
  2. フォーカスポイントアイコン アイコンイメージ を選択、点を入力して測定完了

機能イメージ

5. エッジの最適箇所に点入力

  1. 点アイコン選択 アイコンイメージ
  2. ベストエッジアイコン アイコンイメージ を選択、点を入力して測定完了

機能イメージ

機能イメージ

3) 矩形/溝穴の測定

  1. 矩形アイコン アイコンイメージ →四角形スキャンツール アイコンイメージ で矩形を囲む
  2. 溝穴アイコン アイコンイメージ →閉プロファイル アイコンイメージ を選択し、溝穴中心付近をクリックして測定完了(長軸・短軸も表示)

機能イメージ

機能イメージ

機能イメージ

4) 曲線の測定(いわゆる、一筆書き測定)

1. 閉曲線を測定

  1. 閉曲線アイコン アイコンイメージ を選択
  2. 閉曲線トレース アイコンイメージ を選択
  3. 任意の輪郭をクリック

機能イメージ

2. 開曲線を測定

  1. 開曲線アイコン アイコンイメージ を選択
  2. 閉曲線トレース アイコンイメージ を選択
  3. 開始、方向、終点をクリック

機能イメージ

機能イメージ

5) 距離の測定

  1. 距離アイコン アイコンイメージ を選択
  2. 距離を測りたい要素をクリック
  3. 選択肢から希望の距離を選んで測定完了

~ 距離の選択肢 ~

機能イメージ

機能イメージ

6) 角度の測定

  1. 角度アイコン アイコンイメージ を選択
  2. 測りたい角度を構成する2本の線 を入力
  3. 選択肢から希望の距離を選んで測定完了

~ 角度の選択肢 ~

機能イメージ

機能イメージ

7) O-リング形状の測定

  1. O-リングアイコン アイコンイメージ とO-リングスキャンツール アイコンイメージ を選択
  2. 目的のO-リングの真中辺りをクリックして測定完了
  3. O-リングの内部直径、外部直径及び厚さを表示

機能イメージ

3) データのエクスポート

測定したデータは、公差やラベルを付加してtxt又はcsvファイルにエクスポート出来ます。

機能イメージ

  1. 「エクスポート」画面からブラウズボタンを押下してファイル種類を選択し、保存先及びファイル名を入力
  2. OKを押下すると、指定ファイルにデータがエクスポート(自動繰返し測定可)

~ txt エクスポート ~

機能イメージ

~ csv エクスポート ~

機能イメージ

4) プログラムの保存

測定したプログラムは、拡張子iwpが付与され、InSpec画面から保存出来ます。

機能イメージ

  1. 「ファイル」→「保存名」をクリック
  2. 「名前を付けて保存」画面が開く
  3. 保存先を指定し、ファイル名を入力

機能イメージ

5) 保存したプログラムで測定

保存したプログラムをダブルクリックすると、InSpec画面が開きます。

機能イメージ

  1. 実行ボタン アイコンイメージ を押下
  2. 原点を入力
  3. 継続ボタン アイコンイメージ を押下
  4. プログラムが自動走行し、測定を完了します

機能イメージ