マイクロ・ビューの大型三次元測定機「EXCEL(エクセル)」は、画像、レーザー、タッチプローブを自動で変更可能なのが最大の特徴です。大物だけでなく小物もまとめて自動測定できるので、測定時間を短縮することが可能です。

EXCELのサイズ一覧(mm)

X軸 400
Y軸 500
Z軸 160/250

EXCEL 500

X軸 650
Y軸 680
Z軸 160/250/400

EXCEL 660

X軸 1050
Y軸 1050
Z軸 160/250/400

EXCEL 1000

 

X軸 1050
Y軸 1600
Z軸 160/250/400

EXCEL 1600

X軸 1250
Y軸 1600
Z軸 160/250/400

EXCEL 1650

X軸 2000/2500
Y軸 1250/1600
Z軸 200

EXCEL 200/250

大型三次元測定機「EXCEL(エクセル)」

測定範囲:400×500~2500×1600mm

マイクロ・ビューは世界で最も使われている三次元測定機です。
画像、レーザー、タッチプローブを自動で変更可能で、大物から小物までまとめて自動測定でき、測定時間も短縮できます。

 

測定機能

画像非接触三次元測定

画像による非接触三次元測定

タッチプローブ接触三次元測定

タッチプローブによる接触測定

レーザー非接触三次元測定

レーザーによる非接触測定

画像測定をベースにタッチプローブやレーザーをオプションで付けることも可能です。マイクロ・ビューは画像処理を最も得意とする企業です。

EXCEL(エクセル)の特徴

EXCELは、測定テーブルが固定でカメラが移動可能です。ガントリー(門柱型)タイプで、最大測定範囲2,500×1,600x200mmまで5種類のラインナップをご用意しています。ガントリー方式を採用しているので、大型のパーツ測定をコンパクトなスペースで実現します。

また、大型のライナーを採用したモノレール式のリニアベアリングとデュアルエンコーダ、サーボ機構といったハイレベルな電子機器が、実現駆動秒速508ミリの高速動作を行います。用途に合わせてお選びいただけ、メンテナンスも簡単です。