アルミ押出部品の三次元測定事例

アルミ押出部品の三次元測定事例

押出加工断⾯は画像測定に最適です。小さな要素は、タッチプローブやレーザープローブでの触診が困難です。画像は材質の分離や不良を⾒ることができます。サンプルの置き方が最も難しい第一歩です。可能な限り、表⾯がクリーンで平⾯になるようにします。

1)測定時間

117の寸法から成る46要素を39秒で測定

117の寸法から成る46要素を39秒で測定

2)測定機器および測定方法

Vertex 312UCの画像で測定

Vertex 312UCの画像で測定

InSpecのエッジフォローツールが自動測定

InSpecのエッジフォローツールが自動測定

InSpecフォローアーツールが個別要素を抽出

InSpecフォローアーツールが個別要素を抽出

InSpec 測定画面

InSpec 測定画面

3)測定機仕様

測定機器 Vertex 312UC
測定容積 315 x 315 x 250mm (LxWxH)
分解能 0.1μ
光学ズーム 12x
総合倍率 15x ~ 540x
測定機器 マクロリングライト
基本倍率 LWD(長距離用) 1 x
SWD(短距離用) 2 x
光入射角度 27º ~75º
リング数 (a) 5
セクター数 (b) 8
セグメント数 (C)=(a) x (b) 40