コラム

エリアフォーカス(焦点一括入力)

部品の指定場所に一度に多数のフォーカスポイント(焦点)を一括入力

 

多数のフォーカス(焦点)を一括入力

エリアフォーカスポイントツールは、部品の指定場所で同時に複数のフォーカス(焦点)ポイントを作り出します。

個別に点を入力することなく、一度に多数のフォーカスが一括入力できるので、点群や平面の様な要素での利用がこの上なく便利です。

● エリアフォーカスの測定は簡単です

1、エリアフォーカスツールを選択、カメラ画面上の必要な場所でドラッグして四角形を作ります。
複数のフォーカスポントが四角形内部に入力され、スペースが取られます。

2、四角形のサイズは、制御点を使って変更出来ます。

3、四角形の角度は、回転点を使って変更できます。

4、四角形調整後、フォーカスポイントを再測定できます。

 

フォーカス(焦点)の連続入力

引き続き、 エリアフォーカスツールを使い、連続して他の場所にエリアフォーカスが入力できます。

連続してエリアフォーカスが入力されると、測定ソフトウェアーInSpecの左上の図形画面にすべての入力されたフォーカスポイント(焦点)が表示されます。(下図拡大)

 

図形画面でエリアフォーカス表示

エリアフォーカスを伴う測定が終了すると、 InSpec測定ソフトウェアーの図形画面に直ちに測定結果が表示されます。 測定されたエリアフォーカスはZ高の最大距離点が3点及び最小距離点が1点、図形で表示されます。
(例、ICピンの測定)

入力されたエリアフォーカスを含む測定が行われると、測定ソフトウェアーInSpecの左上の図形画面にすべてのフォーカスポイント(焦点)が表示されます。(下図拡大)

 

エリアフォーカスの応用例

ここでは、ICピンのコプラナリティー(共平面性又は端子最下面均一性)の測定にエリアフォーカスを使い、仮想平面から最も離れた端子の最下点までの距離、共平面度yを測定します。

一つのピンにエリアフォーカスを入力し、コピー機能を使って他のピンを複製すれば、一度に全てのピンにフォーカスポイントが入力できます。

世界トップシェアの実力と
安心感をご体感ください

三次元マルチセンサー測定機「マイクロ・ビュー」は世界トップシェアですが、
日本での知名度はまだまだ高くありません。
その実力を実感し安心してご導入いただけるよう、測定デモンストレーションやサンプル測定も行っております。
まずはお気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら
PAGE TOP