プラスチックボトルの三次元測定事例 | マイクロ・ビュー三次元測定機

プラスチック部品の三次元測定事例

プラスチックボトルの三次元測定事例

プラスチックはマルチセンサー測定に最適です。多くの部品は2⾯から作られているので、上側と下側のプログラムにより画像で測定できます。捕捉した画像は図⾯の縮小による⾒難さの解消や他部品との関連を掴むのに役⽴ちます。タッチプローブとロータリーは側⾯要素の測定に、レーザーは表⾯寸法の測定に役⽴ちます。

1)測定時間

149の寸法から成る83要素を1分25秒で測定

プラスチックボトルの三次元測定事例

2)測定機器及び測定方法

Vertex 312UCにてタッチプローブと画像で測定

三次元タッチプローブ測定と三次元画像測定

ロータリー上のボトルをタッチプローブで測定

ロータリー上のボトルを画像で測定

測定機器 仕様
Vertex 312UC 315x315x250mm (LxWxH), 0.1μ, マルチセンサーシステム
タッチプローブ 4方向スタイラス付き
ロータリー 部品回転用冶具

世界トップシェアの実力と
安心感をご体感ください

三次元マルチセンサー測定機「マイクロ・ビュー」は世界トップシェアですが、
日本での知名度はまだまだ高くありません。
その実力を実感し安心してご導入いただけるよう、測定デモンストレーションやサンプル測定も行っております。
まずはお気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら
PAGE TOP